2017年08月1234567891011121314151617181920212223242526272829302017年10月












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
△TOP

マジかよ!

間もなく千年に一度の天体ショーを目撃するチャンスが訪れるかもしれないそうです。

ハワイのマウナケア天文台の内部情報によれば、赤い巨星ベテルギウスがここ16年間球形を保てなくなっていて、極と極とは急速に圧縮され、赤道は遠心力のためかろうじて維持されているそうです。

数週間あるいは数ヶ月以内に超新星爆発が起こる明白な兆候だそうです。

この超新星爆発により、地球からは次のように見えるらしい。

夜空の一角が突如輝きを増し、その明るさは最低でも満月と同等、もしかしたら太陽と同程度になるかも。

そして、その状態が6週間続く。つまり一ヶ月半の間、地球の一部区画に「白夜」が訪れるということだ。

地球人が最後にこのような天体ショーを目撃したのは1054年のこと。

http://japanese.ruvr.ru/2013_09_25/121906482/

太陽が2つとなる訳か!これが夏だったらおそらく死んでいた!!

今朝7時頃のお月様。(PENTAX  K-30)
IMGP3662_convert_20130926091453.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ここを押して下さい!禿増し・・・いやっ励ましになります。m(_ _)m
関連記事
[ 2013年09月26日 10:33 ] ▶ニュース | TB(0) | CM(0)
△TOP

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hage1117.blog.fc2.com/tb.php/108-647deb1a











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。