2017年10月1234567891011121314151617181920212223242526272829302017年12月












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
△TOP

夏はやっぱり麦茶やね!

うだるような猛暑が続く中、皆さんは水分補給としてなにを飲んでおられますか?  
 
日本の夏と言えば冷えた麦茶が定番だが、Mなオヤジとしては、やっぱキンキンに冷えたビールしょ!と言いたい。とにかく一杯目が格別である。喉ち○こごと胃袋の中に流れて行ってしまいそうな気がする。

さて、その定番の麦茶だが、実は地味にすごい健康食品なのだ。

○地味にすごい麦茶その1
麦茶に含まれるピラジンという成分には、血流を改善させる作用がある。農林水産省などの研究で、麦茶を飲むことで血液の流動性が高くなることが判明。ちなみにピラジンは原料をローストする際、褐色に色づくメイラード反応とともに生成されるという。さらに血圧降下作用のあるギャバ(GABA)も含まれている。

○地味にすごい麦茶その2
抗酸化作用、つまりがんや脳卒中、心筋梗塞などの原因にもなる活性酸素を攻撃する成分が含まれており、生活習慣病などの予防効果も期待できる。麦茶に含まれるPクマ胃のル酸などが酸化因子のペルオキシナイトライトに対し、高い消去活性があることが静岡大学の研究で判明。

○地味にすごい麦茶その3 
静岡大と京都薬科大との共同研究で、麦茶の抽出成分をテストしたところ、粘膜を保護、糖尿病の合併症防止、炎症を抑える作用などの機能が判明。

○地味にすごい麦茶その4
東洋医学的な考え方でも、原料の大麦は体を冷やすはたらきがあり、ほてった体をさます効果が期待できる。

○地味にすごい麦茶その5
バクテリアの定着を予防する作用があり、虫歯菌とも言われるミュータンス菌の菌膜生成を阻害する作用がある。菌膜生成を阻害する作用がある。

カフェインが含まれている飲み物は、利尿作用が強く夏場の水分補給には不向き。この季節の水分補給には、麦茶のようなノンカフェ
イン飲料が適している。便秘や貧血につながるタンニンの量もお茶やコーヒーの数分の一。
http://www.news-postseven.com/archives/20130716_199981.html


喉渇いた時にガブガブゴクゴク行けるのは麦茶しか無い!やっぱ、ビールじゃダメみたいだな、でも美味い! 今日も飲むぞ!(ちなみに今、朝の5時)

イケメンな孫
IMGP1652_convert_20130719183844.jpg


 ←ここを押せばあなたはハゲにならない!

ブログランキング・にほんブログ村へ
 ←ここを押さないとあなたはハゲになる!
関連記事
[ 2013年07月20日 04:57 ] ▶生活 いろんなこと | TB(0) | CM(0)
△TOP

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hage1117.blog.fc2.com/tb.php/22-52890e9f











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。