2017年09月123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年11月












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
△TOP

春のお彼岸の頃、良く見かける花ですが

明日21日は春分の日、お彼岸の中日です。

この日を境に昼のほうが夜よりもだんだん長くなって行きます。

下の写真の小さくて可愛い花は「キランソウ」といいますが・・・

別名「地獄の釜の蓋(ジゴクノカマノフタ)」
IMGP6099_convert_20140320135900.jpg

この名前の由来は、春のお彼岸頃、よくお墓などで見かけるので、「春の彼岸の地獄の釜が開く頃に咲く」「先祖の霊を閉じこめている…」など色々な説があるようです。
IMGP6100_convert_20140320140008.jpg

それにしても、もっと気の利いた名前無かったんでしょうかね~?

花言葉は「あなたを待ってます」・・・地獄の釜の蓋を開けて・・・。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村↑↑ここを押して下さい!禿増し・・・いやっ励ましになります。
関連記事
[ 2014年03月20日 17:03 ] ▶植物 | TB(0) | CM(2)
△TOP

おはようございます。

今日は、また冬が戻ってきた。

“地獄の釜の蓋”綺麗だけど、チョット怖いね。
[ 2014/03/21 08:43 ] [ 編集 ]

Re:おはようございます。

雪ですか!こちらの現在の気温8℃、とてもよい天気です。

この雑草は薬効が高く、病気で死にかけている人でもこの草で生き返り、一度開いた「地獄の入り口に蓋をする」というのでこの名前がついているという説もあります。あんがい、こちらのほうが正解かも?別名「医者要らず」とも言います。
[ 2014/03/21 09:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hage1117.blog.fc2.com/tb.php/229-0cefbf2e











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。