オヤジの日焼け対策!

50代のオジサン達は日焼け対策はどのようにしていますか?

「えッ日焼け、特に何もしてないが」とか「できるだけ太陽の下に出ない、引きこもってる」とか「日焼け止めクリームを使ってるが、あのベトベト感がどうも」とか「どうでもええんじゃ~そんなもん!」とか。

そんななか、食生活で特定の栄養を摂ることで日焼けを軽減し、お肌を守ることが出来るそうです。日頃ろ不摂生の極みをつくしているオヤジたちには、一石二鳥の情報だ!

今日は、日焼け防止に効果がある食べ物トップ5を紹介したいと思います。
tomato_convert_20130724104955.jpg 
●トマトおよび赤い果物
トマトは加熱するとリコピンが増加することが知られています。リコピンとは赤い果物に含まれるカロテノイド色素で、植物はこの色
素で太陽から身を守っています。
トマトペーストをテーブルスプーン数杯摂るだけでも日焼け対策として有効であることが明らかになっています。スイカやグレープフ
ルーツには特にリコピンが豊富に含まれています。甘いものより辛いものが好みのオジサン達はチリパウダーも効果的です。チリパウダーにはビタミンEが含まれているのでまさに一石二鳥と言うわけです。
*やはりトマトは丸かじりが一番美味い!
●サツマイモ
リコピンと同様に果物や野菜に含まれるオレンジ色素であるβカロチンも日焼け対策として効果的です。このβカロチンを最も多く含
んでいる野菜がサツマイモです。紫色のサツマイモは美味しいだけでなく、UV対策の化粧クリームにも使用されている酸化防止効果のある色素が多く含まれています。βカロチンは他にも、にんじんやかぼちゃなどの緑の野菜に多く含まれています。
*芋焼酎ではダメなのか!
●ブロッコリー、その他の葉菜類
緑りの野菜は、日焼け防止に効果があり、日焼けした肌を修復する作用もあります。βカロチンに加えて、緑の野菜の多くは葉酸
タミンA、C、Eを含んでいます。特にブロッコリースプラウトには皮膚がん予防に効果があるとされるスルフォラフォンが多く含まれているようです。
*緑の野菜を多く摂るコツは、とにかくガブガブ食べることだな!
●魚
鮭やニシン、サバ、マス、イワシなどの冷水魚には日光から肌を守る効果のあるオメガ3脂肪酸が多く含まれています。
タバコ一箱くらいの大きさの切身を週2回ほど食べることで十分な量のオメガ3脂肪酸が摂れるということです。
*それにしてもサバ缶うめェ~。
●お茶
これは食べるじゃなくて飲むです。黒、白、緑の色をしたお茶には紫外線から肌を守ってくれるプリフェノールカテキンがふんだん
に含まれています。中でも緑茶には最もパワフルなカテキンが多く含まれているので最も効果的だと言われています。
このパワフルなカテキンを摂ることにより、日光による肌の老化を遅らせ、皮膚ガンを予防し、腫瘍細胞を制御する効果があるという
ことです。一日二杯以上のお茶、特に緑茶を飲むと良いそうです。
*日本の夏の定番は麦茶だが・・・・。ビールじゃダメか!

以上でトップ5は終わりです。

芋焼酎の緑茶割り!つまみは冷えたトマトとサバ缶!日焼け対策はこれで決まりじゃ~!

じゃ~逆に、食べるべきではないもの!をあげていきます。
 
加工食品・砂糖・ベジタブルオイル

これらのものを一切口にするなというわけではないが、できるだけ量を抑えろ!ということです。この夏、ガリガリ君を一度も食べないなんて考えられない!
http://www.lifehacker.jp/2013/07/130723sunscreen.html

garigari.jpg 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ここを押して下さい!禿増し・・・いやっ励ましになります。m(_ _)m

関連記事
[ 2013年07月24日 16:42 ] ▶生活 いろんなこと | TB(0) | CM(0)
△TOP

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hage1117.blog.fc2.com/tb.php/30-f9e3da59