2017年06月123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年08月












涼しげなトンボさんVol.2

先日、「涼しげなトンボさん」と題してカワトンボさんを紹介したわけですが、その時は♀さんしか紹介できませんでした。

今回は、♂♀入り乱れてご紹介いたします m(_ _)m

コオニヤンマを何とか撮り終え?(正確には、しつこく付きまとうので途中で逃げられた!です)気を取り直し、小さな渓流をさらに上流に登って行くと、大きなカワトンボさんが待っていてくれました。
 
典型的な山地渓流のトンボ、ミヤマカワトンボさんです。
01ミヤマ2002

♂は緑色の金属光沢が強く、薄茶の翅の先端近くには濃褐色のバンドがあります。
02ミヤマ2006

♀は銅色の金属光沢をしています。濃褐色のバンドの所に白い目印があります。
03ミヤマ2011

♀です。後から失礼致します。腰が曲がってますが、おばあちゃんなんでしょうか?
04ミヤマ2001
 
♂です。きれいな緑色の金属光沢です。
05ミヤマ2020

普通、翅を閉じて休みますが、時々パタパタします。
06ミヤマ2023

♂です。翅の先端の濃褐色のバンドの所に白い目印があります。わかりますか?
07ミヤマ1995

以上、涼しげなミヤマカワトンボさんでした。

関連記事→涼しげなトンボさん[2014年07月22日]

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村↑↑ここを押して下さい!禿増し・・・いやっ励ましになります。
関連記事
[ 2014年07月30日 05:12 ] ▶トンボ カワトンボ科 | TB(0) | CM(0)
△TOP

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hage1117.blog.fc2.com/tb.php/345-364fe31f