2017年07月123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年09月












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
△TOP

澄みきったブルーな瞳の黒銀の女房

額にT字型の代紋のタトゥー、そして胸にも黒いタトゥーをニ本彫り込む・・・通称黒銀

何やらダークなイメージで始まりましたが、決してその筋の記事ではありませんよ。

ここは高知県土佐清水市の海岸線にある小さな池。今日観察出来たのは、春真っ先に出てくるガッチリした体型の中型のヤンマ、クロスジギンヤンマ(クロギン)です。

溺れているのではありませんよ、水中の茎や葉に卵を産み付けているところです。
クロスジギンヤンマ(♀)
kuroginIMGP3710.jpg

ギンヤンマは卵を産むとき♂が♀の頭をつかんでいますが、クロギンは♀一匹だけで産卵します(単独産卵)。
kuroginIMGP3741.jpg

澄みきったブルーの瞳が素敵ですね。
kuroginIMGP3721.jpg

このクロギンは同属の本家ギンヤンマとは違い、丘陵地の木が生い茂るような暗い池(まさにダーク)や、山間の池などに生息しているそうです。平地の開放水面(シャバ)を主戦場とするギンヤンマとはあきらかに違うダークな世界で活動しているようですよ。
kuroginnIMGP3730.jpg

大失敗!!ボケボケやんか~!!
黒銀の親分(♂)「オッサンよう~いけね~な~・・・狙ったものは命がけで撮らんとな」
kuroginIMGP3747.jpg

オヤジ「・・・この筋は、まだ素人なんでカンベンして下さい。(´_`;)トホホ

以上、「澄みきったブルーの瞳の黒銀の女房」でした。
ダークなイメージで書きましたが、何処にでも居るヤンマです。気軽に撮れますよ。

おわり。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村↑↑ここを押して下さい!禿増し・・・いやっ励ましになります。
関連記事
[ 2015年05月14日 05:04 ] ▶トンボ ヤンマ科 | TB(0) | CM(0)
△TOP

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hage1117.blog.fc2.com/tb.php/394-8af499f8











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。