キイロと名がつくのにぜんぜん黄色くない・・・なぜ?

先日、ヤマサナエの記事を書きましたが、今日はそのトンボのそっくりさんを見つけましたので紹介いたします。m(_ _)m

今にも雨粒が落ちてきそうなどんよりとした曇り空です。ショウブの花を堪能しつつ、トンボ公園の奥へ奥へと・・・。

水路の横の草むらのなかで翅を休める1頭のトンボ発見!何だろう?ヤマサナエかな?

とりあえず撮っておこう!眼の悪い僕は、その場で同定するのはチョット苦手であります。(ただ知識がないため^^)

シャワーを浴び、ビールを飲みながら色々と調べてみると、サナエ科のトンボでヤマサナエに酷似するトンボと言うことです。

キイロサナエ(♂)かも?
kiirosanaeIMGP0194.jpg

キイロサナエ(♂)ヤマサナエより少し遅れて、成虫は5月中旬から出現し7月初めころまで見られます。
kiirosanaeIMGP0196.jpg

キイロサナエ(♂)キイロと名がつくのにぜんぜん黄色くない・・・なぜ?
kiirosanaeIMGP9103.jpg

キイロサナエ(♀?)こっちは黄色やね。
kiirosanaeIMGP8858.jpg

見分け方↓ 実にまぎらわしい・・( ̄Д ̄;;
00yamasanaeIMGP4331.jpg 00kiirosanaeIMGP9103.jpg

正解かどうかは分かりません・・・。ビールを飲みながらPCでの調べ物はやっちゃダメですな、酔いが回り分けわかんなくなりますよ。

環境省(1997)のレッドデータ・カテゴリにおいてキイロサナエは、高知県をはじめ四国四県すべてで準絶滅危惧(NT)であります。つまり、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」となる可能性のある種にランク付けされているそうです。

関連記事→天気予報のお姉さんが言うとおり、雨がポツポツと・・・[2015/05/31]

おわり。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村↑↑ここを押して下さい!禿増し・・・いやっ励ましになります。
関連記事
[ 2015年06月02日 05:10 ] ▶トンボ サナエトンボ科 | TB(0) | CM(0)
△TOP

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hage1117.blog.fc2.com/tb.php/415-9ea69bf0