2018年03月1234567891011121314151617181920212223242526272829302018年05月













【悲報】沈下橋がペキッと折れて沈下する事案が発生

去年の話になりますが、仕事の帰り、ちょこっと立ち寄った沈下橋の話となります。

何の変哲もないこの橋は、四万十川本流に架かる「岩間大橋」という沈下橋で、四万十市西土佐岩間という所にあります。
20171120iwama01.jpg

夏場には多くの観光客が訪れる人気の観光スポットで、よくポスターやテレビに登場するのがこの沈下橋です。

建設年月日:昭和41年 全長:120.0m 幅員:3.5m
20171120iwama02.jpg

ん・・・なんかやってる?ちょっと近くまで行ってみましょう。
20171120iwama03.jpg

こっこれは・・・いったいどうしたことでしょう w(゚ロ゚)w
20171120iwama04.jpg

折れてる・・・ペキッと折れて沈下している (O_O;)Shock!!
20171120iwama05.jpg

この人たちがこれから調査を行うようです。
20171120iwama06.jpg

ダイバーさんも登場
20171120iwama07.jpg

鉄製の橋脚の写真撮ってます。
20171120iwama08.jpg

上流からカヌーがやってきました。ただそれだけです・・・。
20171120iwama09.jpg

この橋は橋桁が折れたのではなく、鉄製の橋脚がサビてペシャリと潰れたから沈下したそうですよ。

事故がなくてよかったですね。

でも・・・これって直るんですかね (・_・?)

【四万十川の沈下橋について】
高知県と四万十川総合保全機構では、沈下橋が生活・文化・景観・親水等に重要な役割を担っていることから、平成10年7月に「防災上、維持管理上支障のない沈下橋は保全を基本とし、生活道に加え生活文化遺産として後世に引き継ぐ」とした、「四万十川沈下橋保全方針(平成10年7月16日から平成18年3月)」を策定し、四万十川本流の21橋、支流の26橋、合計47橋を重点的に保存・維持管理してきました。
さらに、平成21年2月に四万十川流域全体が国の重要文化的景観に選定され、多くの沈下橋が景観をかたちづくるうえで、重要なものと位置図けられています。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑ここを押して下さい!禿増し・・・いやっ励ましになります。
関連記事
[ 2018年01月13日 14:53 ] ▶地域情報 四万十市 | TB(0) | CM(2)
△TOP

ありがとうございます。

ご訪問頂きありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2018/01/13 22:27 ] [ 編集 ]

鬼藤千春の日記・エッセーさま

こちらこそありがとうございます。
[ 2018/01/15 09:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hage1117.blog.fc2.com/tb.php/756-10347a8d