2018年06月123456789101112131415161718192021222324252627282930312018年08月













早朝覚醒で有明月を撮る

最近どうして朝早くからお月様の写真ばっかり撮ってんの?

とよく聞かれるのですが、朝早く目が覚めてしまうのですよ。目が覚めるというか、眠れないのです、ま~歳だからでしょうか?

そんな訳で、今朝もお月様を撮ってみました。 
2018年4月10日午前4時45分(月齢23.27)有明月
20180410moon01.jpg

有明月とは?
夜明けの空(有明の空)に昇る月。本来は十六夜以降の月の総称。この時期に限定すれば「暁月」の方が正確か。古くは二十六夜講などの風習があったようです。

タイトルにも書いていますが、早朝覚醒とはなんのことでしょうかね?

20180410moon02.jpg

早朝覚醒とは、朝早く目が覚めてしまい、もっと眠りたいと思っても眠れない状態を指します。1日を活動的に過ごすことができれば問題ありませんが、日中に強い眠気におそわれたり、夜、起きているのがつらかったりすることが続くようであれば、治療が必要です。

*加齢による早朝覚醒*
私たちの身体には、「夜になったら眠る」という仕組みが備わっています。これを体内時計と呼びますが、加齢とともに体内時計の“針”は進行しやすくなります。そのため、高齢者には就寝時刻が早く、朝早く目覚める人が多く見られます。このように、加齢にともなって睡眠の質は変化し、睡眠に必要な時間も少なくなるため、若いころのように眠れないのは当然のこと。60歳以上になれば、6時間以上眠れる人のほうがめずらしいほどです。若いころと同じく、「8時間眠らなければならない」と思い込んで無理に眠ろうとすると、かえって不眠を悪くすることになります。また、女性よりも男性の方が、加齢によって朝型になりやすいことがわかっています。

20180410moon03.jpg

やっぱり歳のせいらしい・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑ここを押して下さい!禿増し・・・いやっ励ましになります。
関連記事
[ 2018年04月10日 10:30 ] ▶お月様・星空 | TB(0) | CM(0)
△TOP

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hage1117.blog.fc2.com/tb.php/808-c2f67b9e