これは酷い!と想ったが

フランスの週刊紙カナール・アンシェネが2020年夏季五輪の東京開催と東京電力福島第1原発の汚染水漏れを関連づけた風刺画を掲載した。
ソース→http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1200A_S3A910C1EB1000/

腕や脚が3本ある力士の横に立つ人物が「フクシマのおかげで相撲が五輪種目になりました」とコメントしている 。
相撲

「五輪のプールはもうフクシマに」とタイトルが付された風刺画。防護服を着て放射線測定機を持った人物2人がプールサイドに立っている。
福島 

同紙のルイマリ・オロ編集長は12日、ラジオ局のインタビューで「謝罪するつもりはない!」と述べた。

同日午前には、在フランス日本大使館の藤原聖也臨時代理大使がオロ氏に電話で「東日本大震災の被災者の心情を傷つけるものであり不適切で遺憾」と抗議。

大使館によると、オロ氏は「そういう意図はなかった」などと釈明したという。

しかし、オロ氏はインタビューで「(風刺画は)誰かを傷つけるものではない!」と明言。さらに「日本政府の反応に当惑している。問題の本質は東京電力の(汚染水などの)管理能力のなさにあり、怒りを向けるべき先はそちらだ」などと話した。

↑正に正論!さすが芸術の国

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ここを押して下さい!禿増し・・・いやっ励ましになります。m(_ _)m
関連記事
[ 2013年09月13日 08:55 ] ▶ニュース | TB(0) | CM(0)
△TOP

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hage1117.blog.fc2.com/tb.php/98-1c906492